コーポレートサイトは企業情報を公開するサイト

インターネット上で直接商品を販売するホームページとこちらを別々に運用している企業が大多数です。

ホームページ制作の出来で驚くほど集客率が変わる

多くのお客様に喜ばれた制作実績。集客・売り上げ・イメージをアップさせるのが得意です。

信頼と安心を感じさせるコーポレートサイトを目指す

TOP > 目的別4つのサイトタイプ > 企業情報を公開するためのホームページ




企業情報を公開するためのサイト【コーポレートサイト】は
そのサイト上では特に商品の販売等は行わずに、
企業情報などを公開するためのサイトのこと指します。

インターネット上で直接商品を販売しているホームページを運営している企業でも
商品の販売を目的としたホームページとは別に、コーポレートサイトを保有している企業も多くあります。




例えば「楽天株式会社」と検索して、一番上に出てくるホームページが楽天さんのコーポレートサイトとなります。

それとは別に「楽天市場」と検索した場合には楽天市場が出てくると思います。
このホームページは商品の販売を目的とした作りになっています。

※楽天さんは弊社と関係ありません。あくまで例として参考にさせていただきました。

コーポレートサイトで良くあるタイプのものは、

・事業内容
・会社情報
・採用情報
・企業理念
・プライバシーポリシー
・IR情報
・CSR

などの項目をメインとしたサイト構成になっています。

取り扱っている事業内容や、商品の紹介などは行いますがそのホームページ自体では
商品の販売、決済までは行わないものがほとんどです。

ユーザーとやり取りをするとすれば、資料請求もしくは、お問い合わせフォームからのお問い合わせといった感じです。


事業内容
どんなサービス・商品を扱っているのか詳細について説明します。
グループ化して様々な事業を行っている場合には、
それぞれの事業内容ごとにページを分けて詳細の説明をいます。
会社情報
会社の組織構成や、所在地などを明示します。
支店や支社がある場合は、その情報も公開。
採用情報
新卒、中途採用などの募集情報。
事業が複数ある場合などは、それぞれの募集情報を公開。
企業理念
企業としての社会貢献の部分の考えなどを
ホームページにアクセスしたユーザーに伝えるページです。
プライバシーポリシー
個人情報の取り扱いをどのように考えているかを公開するページです。
別の呼び名では「個人情報保護方針」とも呼ばれます。
IR情報
企業が株主や投資家に対して、
自社の理解を深めて貰うための情報を提供する情報提供活動全般を指します。
企業はIRによるコミュニケーションによって株主や投資家との信頼関係を築き
社会的に公正な評価を得ることを目的としたページです。
CSR
利益だけを追求するのではなく、企業が与える社会への影響に対する責任部分を
消費者や、投資家などの要求に対しての意思決定を公開していくページになります。


お問い合わせフォーム